証券会社別 信用取引の売買手数料の比較

証券会社比較

証券会社ごとに信用取引売買手数料を比較してみました。

なおこの記事ではクロス取引でよく利用する証券会社に絞って比較してあります。

すべてオンライントレードなど、一番手数料の安いコースを紹介しています。

 

現物株式の売買手数料の比較についての記事こちら

貸株料(証券会社から株を借りるために支払う費用)の比較についての記事こちら

 

上段・・・1約定ごとの金額(税込み)

下段・・・1日にどれだけ取引しても変わらない1日定額プランの金額(税込み)

約定金額GMOクリック証券SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券SMBC日興証券
~10万円97円

0円

99円

0円

99円

0円

99円

550円

0円

0円

0円

0円

0円

~20万円143円

220円

148円

0円

148円

0円

148円

550円

0円

0円

0円

0円

0円

~50万円187円

220円

198円

0円

198円

0円

198円

550円

0円

0円

0円

0円

0円

~100万円50万円超一律264円

440円

50万円超一律385円

0円

50万円超一律385円

943円

385円

550円

0円

0円

 

1,100円

0円

0円

~150万円264円

880円

385円

964円

385円

2,200円

660円

100万円超以降、300万円ごと2,750円を増加

0円

0円

2,200円

0円

0円

~200万円264円

880円

385円

964円

385円

2,200円

880円

 

0円

0円

2,200円

0円

0円

~300万円264円

1,320円

385円

以降100万円増加ごとに440円ずつ増加

385円

3,300円

200万以上一律1,100円

0円

0円

(200万円以降、100万円増加ごとに1,100円を追加)

0円

0円

~500万円264円

(300万円以降、100万円増加ごとに440円を追加)

385円

385円

(300万円以降、100万円増加ごとに1,100円を追加)

1,100円

0円

0円

0円

0円

~1,000万円264円

385円

385円

1,100円

0円

0円

0円

0円

~3,000万円264円

385円

385円

1,100円

0円

0円

0円

0円

3,000万円以上264円

385円

385円

1,100円

0円

0円

1億円超

110,000円(上限)

0円

0円

 

*楽天証券の場合、一日定額コースは現物取引と信用取引を合算した1日の合計取引金額で取引手数料が決まります。

また、楽天証券の場合手数料1%をポイントバック

*マネックス証券の一日定額コースは現物取引と信用取引の約定金額の合計額に対して手数料を計算します。

また、1日の売買のうち、約定金額300万円ごとの売買を「ボックス」という単位で呼び、21ボックス以降は2,500円を2,250円に、121ボックス以降は1,650円に割引いたします。

詳細はこちら

*SBI証券の場合、信用取引においては、「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」が3,000万円以上の場合、上記に関わらず、手数料は無料(0円)となります。

*松井証券の場合、信用取引(制度・無期限)は、現物取引とあわせた1日の約定代金合計により手数料が決定します。

詳しくはこちら

 

 

記事更新日 2020年11月14日

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました